観光情報

観光情報[碁石海岸エリア]

穴通磯(あなとおしいそ)・碁石浜

大船渡の南に位置する末崎町。この末崎半島の東南、ぐるりと6キロにも及ぶ神秘的な海岸線、それが碁石海岸です。奇岩や島、洞穴が織り成す荒々しさと、潮風にそよぐ松林の静寂さが調和した絶景の地は、長い時間が作り上げた天然の美しさです。「国の名勝・天然記念物」に指定され、「日本の渚・百選」にも選ばれる実力派です。なかでも大自然の造形美の代表格といえるのが穴通磯。海水の浸食によって岩に3つの巨穴が空いた様は見る者を圧倒します。観光船に乗りこんで、この奇穴をくぐりぬけてはいかが?
波によって磨かれた玉砂利が、一面に敷きつめられた海岸です。碁石海岸の名前の由来が、この黒い玉砂利の浜「碁石浜」となっています。

※現在、震災による地盤沈下のため工事中ですので、「碁石浜」へは降りる際にはご注意ください。

Googleマップ(穴通磯)

Googleマップ(碁石浜)

乱曝谷

乱曝谷(らんぼうや)向かい合うように切り立つ、高さ数十メートルの断崖絶壁です。その絶壁に激しく打ち付ける三陸の荒波は自然の厳しさ、そして雄大さを訴えてきます。

Googleマップ

碁石岬

北緯38度59分10秒、東経141度44分30秒。末崎半島の先端にあたる碁石岬は、高さ10.5メートルの白い灯台が目印です。ぜひ展望台からの景色をお楽しみください。

Googleマップ

雷岩

雷岩(かみなりいわ)は洞穴に打ち付ける波によって空気を圧縮した出る音が雷の音に似ていることからこの名称がつきました。「残したい日本の音風景100選」に選ばれたこの音をぜひ生で聴いてみてください。

Googleマップ

碁石海岸青少年キャンプ場

2014年、オートキャンプサイトを併設したキャンプ場としてリニューアルオープン。潮騒が聞こえる景色抜群のキャンプ場です。

キャンプ場を利用の際は、利用規約をを守り楽しい活動をお楽しみください。 利用規約については、こちらをごらんください。

碁石海岸キャンプ場

ご利用案内
開設期間平成26年7月17日~平成26年10月31日
サイト利用料オートサイト( 1泊 ) 4,000円
オートサイト(日帰り) 2,000円
フリーサイト( 1泊 ) 1,500円
管理費小学生以上(1泊・日帰り)500円

お問い合せ
住所岩手県大船渡市末崎町字大浜
TEL0192-29-2359
(碁石海岸インフォメーションセンター)
電話受付対応時間 8:30 ~ 17:15

Googleマップ

碁石海岸キャンプ場(オートサイト)

世界の椿館・碁石

大船渡の市の花でもある椿。それを世界13カ国から600種もの椿を一堂に集めた、見ごたえ十分の椿ワールドです。赤、ピンクに黄色もあれば、一重、八重に牡丹咲きと花の形も様々。椿のほかにも、四季折々の地域の花々の展示もしています。見ごろのピークは2月~3月です。

世界の椿館

  • 入館料:一般500円 小中学生300円(オフシーズン 一般200円 小中学生100円)
お問い合せ
住所岩手県大船渡市末崎町字大浜280-1
TEL0192-29-4187
FAX0192-29-4189
営業時間9:00~17:00
休館日 月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)
年末年始12/29~1/3
ホームページ 世界の椿館・碁石

Googleマップ

大船渡市立博物館

大船渡の大地の歴史と人と海のかかわり知りたいならここ大船渡市立博物館へ!巨大な地層のレプリカをはじめ、市内から見つかる古生代、中生代の化石、縄文時代の土器や骨角器、現在の漁労用具などを展示しています。なかでも貝塚の断面は見ごたえ十分。また、体験コーナーでは、子どもたちがスケッチなどを楽しむことができます。

大船渡市立博物館

  • 入館料:一般300円 (高校生以下は無料)
お問い合せ
住所岩手県大船渡市末崎町字大浜221-86
TEL0192-29-2161
FAX0192-29-2162
営業時間9:00~16:30(入館受付は16:00まで)
休館日大船渡市立博物館ホームページ参照のこと
ホームページ 大船渡市立博物館

Googleマップ

碁石海岸穴通船

気分は漁師!
地元漁師目線でリアス海岸を眺めよう!

碁石海岸穴通船(ごいしかいがんあなとおしせん)

  • 料金:おひとり2,000円 (小学生1,000円)
  • 最少運行人数:2名
  • 運行期間:5月~11月

お問い合せ
住所 岩手県大船渡市末崎町字大浜
TEL 0192-29-2359
(碁石海岸インフォメーションセンター)
電話受付対応時間 8:30 ~ 17:15

碁石海岸観光船

三面椿

熊野神社の境内にそびえる日本最大のヤブツバキ。樹齢はなんと1400年。神社の創建時に東、南、西に植えられたことから三面椿と呼ばれています。平成14年の台風21号の強風により東側のみ残して倒木してしまいましたが、平成21年6月19日に倒木した三面椿から採取した苗木を培養し育成していた大船渡東高校農芸化学科の生徒たちの手により、南と西に植樹され名実ともに「三面椿」が復活しました。

Googleマップ

碁石椿園

碁石海岸・大浜を望む碁石椿園は、ヤブツバキをはじめとした約1,000本のツバキが植樹されています。高台にある四阿(あずまや)からは美しく咲く椿とリアス式海岸の美しい景色を堪能できます。
春の訪れとともに赤、白、黄などの様々な色の椿が咲き乱れます。

Googleマップ